水のトラブルになる前に業者に依頼して最新の蛇口に

どうしても蛇口のような部品は壊れないと思いがちです。使えて当たり前と思い込みやすい箇所でしょう。洗面所でも当たり前のように使うものですが、いずれは壊れてしまうということは頭に入れておくべきです。交換するタイミングもあるので、大きな水のトラブルに見舞われる前に検討しておくようにしましょう。

■水のトラブルが出る前に蛇口を交換する

洗面所の蛇口を見て、かなり古くなったなと思ったときには、交換についても考えてみるべきでしょう。しかし交換は簡単にいかないこともあり、理由はその構造を知らない人が多いからです。
まずは蛇口の取り付け穴を確認するところから始めましょう。穴が1つしかないのは、ワンホールタイプです。2つあれば、ツーホールとなりますが、径はその分小さくなっています。これは水とお湯で分かれているからです。さらにセパレートタイプがあり、穴は2つですが、本体側と吐水口が離れているところにあります。穴径も大きくなっているため、区別がつくでしょう。

■どんな機能が欲しいのか

交換するときに重要なのは、いったいどんな機能を求めているかを考えることです。最新式のものを使いたいとなると、自分で交換できないようなことも出てきます。水しか出ないような仕組みなのにもかかわらず、混合水栓を使おうと思えば、根本的な部分から工事をしていかなければいけません。
給湯器を使わない方法としては、電気で洗面所だけお湯を沸かす装置を取り付ける手段もあります。この辺りも知識があってはじめて対応できることになるため、まずは水道工事業者に相談してみるといいでしょう。

■まとめ
蛇口は水道の中でも構造が複雑になっていることも多く、水のトラブルにつながりやすい部分です。早めに新しいものに交換するというのも一つの考え方といっていいでしょう。簡単に交換ができないこともありますので、業者に相談してみることも忘れないようにするべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ